月経痛 薬

月経痛におすすめの薬について

SiteTop

生理前、女性の月経前症候群の症状月経


生理前、女性の月経前症候群の症状

月経前症候群というのは生理前の1週間から長い人だと2週間前から始まる不快症状です。

症状には個人差がありますが、頭痛や腰痛、倦怠感や腹痛、そして眠気などがその症状に当たります。

女性の9割数以上がこの月経前症候群、略してPMSを経験したことがあると回答しているほど多くの女性がPMSに悩まされています。

生理不順でなければ毎月生理が来るので、そのたびにPMSを経験することになるので困った症状です。

これはホルモンの働きによるものであり、生理が終わるとこの症状が消えるという特徴を持っています。

このような時期においては自分自身で出来る対策といえば、薬を飲んでコントロールしたり、できるだけ規則正しい生活を心がけることが好ましいです。

まず、欧米では痛みを我慢するのではなく、ピルを飲むことによってPMSを軽減することが一般的です。

ピルというのは生理の時期を調節するのみならずホルモンの働きを調節してPMSを軽減する効果があります。

避妊の方法として日本で走られるピルの服用ですが、欧米諸国ではPMSを軽減するための薬として広く用いられているのが実情です。

服用に際してはルールを守って正しく服用すれば避妊を確実にすることができるのみならず、生理前の憂鬱な症状を軽減させる効果があるので効果的な方法です。

日本では認可されたピルが少ないのでまだあまり知られていないピルによるPMS軽減の方法です。

日本でも産婦人科にかかれば処方されますが、必ず医師の診断を受けて処方してもらわなければならないので多少手間はかかりますが有効な方法であることに違いはありません。

生理前の月経前症候群が重いという人についてはピルによる対策をおすすめしています。

症状には個人差があり、頭痛や腹痛、肌荒れ、さらにはむくみや吐き気、そして食欲増進などありとあらゆる不快な症状が考えられます。

また、この生理前の時期には精神的に不安定な状況になる時期でもあるので気分が沈みやすい時には精神科または心療内科での診察を受けるようにして日常生活への師匠を最小限に抑えるように対策する必要があります。

最近では月経前症候群に対する社会的な理解が進んでいることもあり、企業では生理前休暇を取得することができるようになりました。

症状が重い人の場合は起き上がることもままならないのであまり無理をしすぎずに休暇を取得し、この時期には体を安静にしておくことがとても大切です。



月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、月経痛 薬、

メニュー


Copyright (c) 2015 月経痛の薬でおすすめ004 All rights reserved.